骨粗しょう症治療

  • 骨粗しょう症とは
    • 骨粗しょう症は、ご高齢の女性を中心に年々増加しています。50歳以上の女性の4人に1人が骨粗しょう症といわれており、日本では約1300万人の方が罹患していると推定されます。患者様の8割は女性となっており、ホルモンの分泌バランスが変化する更年期以降に多く見られます。50歳前後から骨量が急激に減少し、60歳代では2人に1人、70歳以上になると10人に7人が骨粗しょう症といわれています。高齢化社会の到来とともに今後さらに患者数は増加していくものと考えられます。また骨粗しょう症は脳卒中についで寝たきりの原因の第2位となっております(老衰を除く)。
      日本での骨粗しょう症の治療率は約10~20%と低いと言われており、いかに優れた骨粗しょう症治療薬、強力な骨折抑制効果を有する薬剤があったとしても骨折危険性の高い高齢者のところまで届いていなければ、骨折予防効果を発揮することはできません。骨折リスク患者様への積極的で継続的な骨粗しょう症治療を推進する必要があります。
      当院では、骨折にいたらないようにするための骨粗しょう症の治療にも力を入れております。ご高齢の場合、骨折をきっかけに寝たきりになってしまう場合も少なくありません。これまで骨粗しょうの検査を一度もしたことがない方はぜひ検査をお勧めいたします。
  • 骨粗しょう症の検査
    • 骨粗しょう症の検査にはX線撮影、骨密度測定、血液・尿検査などの方法があります。
      特に骨密度測定には、当院で測定可能な腰椎・大腿骨近位部(脚の付け根の骨)のDEXA(デキサ)法による測定が推奨されています。この測定法は感度が高いため薬剤による治療効果判定にも非常に有用です。
      骨密度検査、骨量測定を4か月~6か月に1回の割合で定期的に実施して評価します。
  • 骨粗しょう症の治療
    治療は、患者様に合わせて「薬物療法」「食事療法」「運動療法」を行なっていきます。

    • 薬物療法
      • 内服薬は、連日内服する薬・1週間に1回内服する薬・1ヶ月に1回内服する薬があり、その他にも点滴注射・局所注射・皮下注射など様々な治療があります。
        患者さまの状態に合わせて薬剤を選択します。

        ・骨吸収抑制剤、調整剤
        ビスホスホネート製剤:毎日、週に1回、月に1回内服する薬があります。
        サーム(SERM)製剤:毎日内服する薬です。

        ・骨形成促進剤
        副甲状腺ホルモン(PTH)製剤:骨の質を改善させる作用もある注射剤です。

        ・骨の質を改善させる薬
        活性型ビタミンD製剤:腸でのカルシウム吸収を助ける作用もある内服薬です。

        ・カルシウムを補う薬
        カルシウム製剤:食事で不足しがちなカルシウムを補う内服薬です。

    • 食事療法
      • カルシウム、ビタミンD、ビタミンKなど、骨密度を増加させる栄養素を積極的に摂り、骨を丈夫にするのが骨粗しょう症の食事療法です。カルシウムとビタミンDを同時に摂ることで、腸管でのカルシウム吸収率がよくなります。また、タンパク質の摂取量が少ないと骨密度の低下を助長しますので、食事量が少なくなりがちな高齢者の方は注意しましょう。栄養やカロリーのバランスがよい食事を規則的に摂るのが、食事療法の基本となります。
    • 運動療法
      • 日光の下で15分間程度の散歩などの運動をお勧めいたします。骨に適度な圧力が加わると骨が強くなりますし、適度に日光に当たると、骨の吸収を良くするビタミンDが活性化されて強い骨を作るのに役立ちます。また、運動を続けると血液の流れが良くなるので、骨を作る細胞のはたらきが活発になります。 筋肉もきたえられ、身のこなしが良くなると、転びにくくなり、骨折の防止にもつながります。
整形外科
リハビリテーション科
リウマチ科
骨粗しょう症



お知らせ

  1. 2020/4/25

    ゴールデンウィーク期間中の休診日について
  2. 2020/4/17

    <重要>当院の新型コロナウイルスに対する感染予防対策
  3. 2020/3/12

    2020年3月18日〔水〕最終受付時間変更のご案内
  4. 2019/12/9

    年末年始休業日のお知らせ
  5. 2019/11/16

    12月2日(月)の受付時間変更のお知らせ



 

お問い合わせ

  
ページ上部へ戻る